クリアネオを使ってみた!

以前、勤めていた会社で、50代前半のキレイめ女上司に加齢臭を感じて以来、加齢臭は男性だけの問題ではない、と思っていました。
なので、父が使っている某メーカーの柿渋ボディシャンプーを普段から予防を兼ねて使用していました。

 

先日、食品工場でアルバイトしたときのこと。
業務終了後、頭からすっぽり被っていたケープ付きの帽子を脱いだときに、一瞬、あの臭いがしたのです‼︎
背筋が寒くなりました…
帰宅後、ネットで躍起になって調べに調べて、辿り着いたのが『クリアネオ』です♪

 

 

色々と検索する中で、加齢臭予防の商品には固形石鹸が多く、液体石鹸では効果がイマイチ、というようなコメントもありました。

 

ですが、クリアネオは液体です。ボディシャンプーです。

 

また、加齢臭予防は、ほぼ男性向けのせいか洗浄力が強く、女性だと乾燥が気になる、といったコメントもありました。
ですが、クリアネオは、洗い上がりはお肌がスベスベになる、といったコメントもありました。

 

また、臭い対策製品にありがちなミント系の香りが私は苦手なのですが、クリアネオは、無臭です。
もう、これしかない!と思い、早速、カスタマーセンターへ電話してみました。

 

女性でもお肌に問題はないか、即効性はあるか、また使用方法についても質問しました。
カスタマーセンターの方は、質問攻めの私にとても親切に丁寧にご説明くださいました。

 

また、クリアネオには殺菌作用のあるクリームがあるとのこと。
気になる部分に塗るだけ、と使用方法もいたって簡単♪

 

また、ボディシャンプーとクリームとを併用することにより、肌質の改善にも繋がるため、セット購入がオススメである、とのことでした。
このクリームは、外出先で個室に上がるときなど臭いが気になる時に、サッとひと塗りするだけとのこと!

 

半信半疑でしたが、私はプロのアドバイスは素直にきく質なので、アドバイス通りにボディシャンプーとクリームを注文しました。

 

納品は早く、中2日、時間指定で届けていただきました。
ボディシャンプーがよく泡立つ、と評判のよいというボディタオルとピーリングジェルのおまけも一緒に届きました。

 

 

黒いほうがボディタオルで白い小さな容器の中にはピーリングジェルが入っていました。

 

一般的に、この類の商品やサプリは翌日から効果を感じることは少ないようですが、クリアネオは違いました!
使った翌日から肌はスベスベ、サラサラです。

 

汗をかいた後でもあの不快な臭いを感じることはありません。
更に、クリームを塗れば完璧!

 

余談ですが、私は背中の両肩部分に小さな吹き出物が幾つかあり、それがいつも気になって引っ掻いていたのですが、殆ど気にならない程度になりました。

 

使用方法や使用量は自己流にならないよう気をつけていますが、難しいことは何もありません。

 

ボディシャンプーは、タオルでゴシゴシ擦らずに、フワフワたっぷりの泡でパックするイメージで優しく洗うだけです。
クリームは、ただ塗るだけです。

 

クリームは2プッシュ。

 

 

どなたでも効果ありだと思います!
加齢臭でお悩みの方、思春期の部活で汗臭さが気になるお子様に、是非是非お試しいただきたいです。
自信をもってオススメします!

わきがクリーム

多くの方がすぐに思い付くわきが対策アイテムと言えば、やはり「わきがクリーム」でしょう。

 

欧米人のわきが人口が8割以上、黒人のわきが人口が100%近くなのに対して、日本人のわきが人口は1割ほどと言う少なさ。
わきがの人は少数派だからこそ、「自分はわきがかも!」と思ったら対策しない訳には行かないものです。

 

では、わきが対策に便利なわきがクリームのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

 

前節で紹介したクリアネオと並び人気の商品がノアンデという商品です。
こちらではレビューはできませんでしたが、こちらのノアンデの体験記を参考にするといいでしょう。

 

液だれしにくいし、黒ずみになりにくいのがメリット!

 

わきが対策アイテムはわきがクリームだけではなく、スプレーやスティック、ロールオンなどもあります。
わきが対策のみを考えるなら、別にわきがクリームでなくても良いのです。

 

でも、スプレーは、粒子が毛穴に詰まって黒ずみを起こしやすいのがデメリットです。
液状のスティックやロールオンは、乾燥しにくく液だれしやすいのがデメリットです。

 

一方、わきがクリームは毛穴に詰まりにくく、乾燥するのも早いので、液だれしにくく黒ずみになりにくいのがメリットです。

 

効果が実感しやすく、持続しやすいと言うメリットも!

わきが対策として使用するのだから、当然わきがクリームの効果は気になるでしょう。
わきがクリームは脇に直接塗りますし、液だれしにくいので、確実に臭いの気になる脇に付けることが可能です。

 

脇に噴きかけるスプレーだと、ちゃんと脇にかかっていないこともあるでしょう。
液状のスティックやロールオンだと、液だれして落ちてしまうこともあるでしょう。

 

わきがクリームは確実に脇に塗り込むことができる分、高い効果、持続的な効果が実感しやすくなります。

 

手を汚さなければならないのがデメリット!

 

メリットばかりのように見えるわきがクリームにも、残念ながらデメリットがあります。

 

スプレーは噴きかけるだけですし、スティックやロールオンは押し当てるだけですが、わきがクリームは塗る時に手で触れる必要があります。
塗った後の手洗いが面倒だったり、どうしても手を汚したくない場合には、ヘラやスポンジ、コットンなどを用意して塗ると良いでしょう。

 

費用がかかるのもデメリット!

わきが対策アイテムを活用しようと思うと、わきがクリームでなくても、絶対に何かしらの費用はかかるものです。
わきがクリームの費用は、数百円から数千円まで様々です。
効果や使いやすさにこだわるなら、ある程度の出費は覚悟しなければなりません。

 

とは言っても、わきが対策は一生の付き合いになるでしょうから、初めから無理のない値段のものを選んだ方が長続きします。
もちろん、金銭的なリスクを回避するために、返金保証付き、サンプル品などで試してから、本格的に購入するのもお勧めです。